【ウイングはここを取れ!】プレミアリーグ 第23節 リヴァプール×マンチェスター・C

マンチェスターシティ

こんにちは。石本です。
いつもご覧いただきありがとうございます。

今日はリヴァプール×マンチェスター・Cの試合をみていきたいと思います。

誰もが楽しみな昨シーズンの1位、2位の戦い。

クロップvsグアルディオラですね。

フォーメーション

試合結果 リヴァプール1-4マンチェスター・C

得点者
0-1 イルカイ・ギュンドアン(49分)
1-1 モハメド・サラー(63分)
1-2 イルカイ・ギュンドアン(73分)
1-3 ラヒーム・スターリング(76分)
1-4 フィル・フォーデン(83分)

今回は得点シーンが多く、とても白熱しましたね。

今回は
【ウイングはここを取れ!】
ということでみていきたいと思います。

結論 ペナ角の外です。

1.ペナ角でポジショニング

今回は、フォーデンのゴールシーンを中心に見ていきたいと思います。
サッカーのゴールは真ん中にあるので、まずは中から攻め込みます。

中にボールが入ることで、リヴァプールの守備は中に集結します。

中に集結することで、サイドが空いてきます。相手が集結しない場合は、スペースがあるので、そのまま背後を狙えばいいということになりますね。

このポジションは非常に意味のあるポジションになります。

・縦突破からクロスができる
・中へカットインからシュートができる
・ペナルティーエリアのニアゾーンへ侵入できる

ボールを受けたフォーデンをみてみたいと思います。

2.ニアゾーンへのドリブル

次にフォーデンはニアゾーンへドリブルします。

相手にとっては非常に脅威となるポジションですね。そこからドリブルを開始するということは

・うかつに飛び込めない
・ファウルしてしまうとPK
・ハンドしてしまうとPK

となり、オフェンスにとってアドバンテージがある場所でもありますね。

そして、すかさずフィニッシュにもっていったところを見てみたいと思います。

3.クイックブラインドシュート

ニアゾーンへ入ったフォーデンは仕掛けていきます。

ドリブルで仕掛けるフォーデン。うかつに飛び込めないDF。

ドリブルで抜き切らず、少しシュートコースができるくらい横にずらして、ワンステップでシュートを打ちます。

GKのアリソンはブラインドになっており、反応できず正面の上のボールが入ってしまいました。

ポイントは

・抜くのではなく、外す
・DFは対応が間に合わない
・GKのアリソンはブラインドで対応が遅れる
・アリソンの正面の上に決まる

少し他のゴールシーンなどもみてみたいと思います。

【ボールカットからニアゾーンへ】

【ニアゾーン侵入からPKへ】

リヴァプールのPKの場面もそうでしたね

 

まとめ

今回は
【ウイングはここを取れ!】
ということでみていきたいと思います。

結論 ペナ角の外です。

内容は
1.ペナ角でポジショニング → 中に相手が集まれば比較的ボールを受けやすい
2.ニアゾーンへのドリブル → 相手にとってはかなり脅威
3.クイックブラインドシュート → 抜かずに外すことでブラインドになり取りにくい

点が取れるウイングの強化がまさに今のトレンド。パスだけでなく、ドリブルで仕掛けて抜きにかかるとPKをもらえて、取りに行かなければ、外されてシュートを打たれてしまう。

ぜひ、参考にしたいと思います。

【リヴァプール×マンチェスター・C|ハイライト】ギュンドアン2発などでマン・シティが快勝! リヴァプールはまさかのホーム3連敗|プレミアリーグ 第23節 | 2020-21

DAZN
記事を最後までご覧いただきありがとうございます。
ぜひ、Twitter、Facebook、フォロー、リツイート、いいねしていただけたら幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました