J3 第2節 FC今治 vs カターレ富山 【原則によるボール循環とフォーメーション+フィジテク】

戦術

こんにちは。石本です。
いつもご覧いただきありがとうございます。

今日はFC今治 vs カターレ富山の試合をみていきたいと思います。

今回は
【原則によるボール循環とフォーメーション+フィジテク】
ということでみていきたいと思います。

入場者数 2206人

フォーメーション 1-4-1-2-3(今治)1-3-1-4-2(富山)

試合結果 FC今治 2-1 カターレ富山

得点者
7分 中川 風希(今治)
66分 高橋 駿太(富山)
82分 近藤 高虎(今治)

1.噛み合わせ

まずはフォーメーションの噛み合わせをみてみたいと思います。

中盤ではボールが動くように中盤に3MF。ポイントとなるのはサイドの使い方。

今治は両ウイングがサイドの高い位置を取り、幅を使い、中にスペースをつくる。

富山はウイングバックが幅を取り、中にスペースを作りながらシャトルランを繰り返す。2トップの動き出しにより起点をつくれるかどうか。

2.今治のボール循環

前半は今治のペース。ボールがよく動く。その理由はボールの循環の原則によるもの

ボールの循環の原則
①素早くボールを動かすこと(相手の守備を整えさせない)テンポ・リズム・パススピードを相手を見ながら
②インナーゾーンを突く(相手を中に集結させることで外が空いてくる)
③攻撃するレーンを変える(相手がどうなっているか俯瞰して見ながらレーンを変えることが大事)

そして得点シーンは守備から攻撃への切り替えから作られる。それはプレッシングの原則によって判断される

プレッシングの原則
①相手に規制をかける 前線から規制をかける
②数的優位をつくり スイッチを入れる
③ボールを奪う
これを意識しながら
①前線から規制をかける(ボールを奪うエリアに追い込む)
②スイッチをいれる(エリアに入ったらスピードアップ)
③全体がリンクしてボールを奪いに行く(1人だけいくと動いた後にスペースができてしまうので、同時に動くことで、スペースを消して奪いに行く)

ということを意識しながら、得点やチャンスに結びつきました。

得点シーンの動画はこちら

攻守の切り替えから得点チャンスのシーン

それに対して富山の対策はどうだったでしょうか。

3.フィジテクとフォーメーション変更

前半、ボールを動かされ、失点してしまった富山は、愛媛戦同様フォーメーションの変更を行い、素早くボールを回すこと、フィジカルテクニックのトレーニングでの強度あるプレッシングにて動点に追いつきました。

フォーメーションを1-3-1-4-2から1-3-4-2-1にして3トップ気味の1トップ2シャドーへ。前半とは変わったボール循環スピード。マークを外し得点へ。

動画はこちら

それでも、コーナーキックから今治がセカンドボールを近藤が左上隅にハーフボレーで決める。最初のファーストタッチで相手をかわすと同時にシュートを打てるところにボールを置けたのがよかったですね。

動画はこちら

まとめ

今回は
【原則によるボール循環とフォーメーション+フィジテク】
ということでみていきました。

前半は今治のペース、後半は富山のペースと言う感じでしたが、ハーフタイムのコメントは次の通り

石崎監督ハーフタイムコメント
球際で負けないように激しく、厳しくし、攻めているときのリスクマネジメントをしよう。セカンドボールを取られないようにしよう。

橋川監督ハーフタイムコメント
戦う姿勢を見せ続けよう。球際は絶対に負けない。カウンターには気をつけよう。

勝負の原則となる、「球際」「切り替え」「ハードワーク」はどの試合もポイントとなりますね。ただ、それは外向きのコメントで、実際は相手に対しての修正がありますね。

それがフォーメーションの変更だったり、選手交代だったり、相手の攻撃や守備への対応だったりと思います。

今治初勝利、次節につなげていきたいですね。

【公式】ハイライト:FC今治vsカターレ富山 明治安田生命J3リーグ 第2節 2022/3/20

記事を最後までご覧いただきありがとうございます。
ぜひ、Twitter、Facebook、フォロー、リツイート、いいねしていただけたら幸いです。

 

サッカー観戦しよう!
wowowDAZNABEMAプレミアムの比較
●費用
wowow月額2,530円(税込) DAZN月額3,000円(税込)ABEMAプレミアム月額960円(税込)
●見れる試合
wowow【ラ・リーガ(スペイン)、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグ、ユーロ、音楽、映画、ドラマなど】
DAZN【Jリーグ、、ラ・リーガ(スペイン)、セリエA(イタリア、アジア予選、アジアカップ、WEリーグ、女子チャンピオンズリーグ、野球、ボクシング、NFL、バレーボール、格闘技など】
ABEMAプレミアム【2022カタールW杯、Fリーグ】 
●登録できる端末数(同時視聴)
wowow5台(3台) DAZN6台(2台) 家族やスマホ、TV、パソコン、タブレットなど幅広く活用できます。
●1試合の通信量の目安
wowow1.5GB DAZN6GB(画質を落としてのデータセーブ時は0.9GB)
●無料期間
wowow契約初月は無料だが初月は解約できない(2か月で1か月分) DAZN契約初月は無料、初月解約可 ABEMAプレミアム14日間無料

コメント

タイトルとURLをコピーしました