J3 第1節 愛媛FC vs カターレ富山 【愛媛の攻撃的で魅力的なサッカー、対策する富山に迫る】

戦術

こんにちは。石本です。
いつもご覧いただきありがとうございます。

今日は愛媛FC vs カターレ富山の試合をみていきたいと思います。
今回は
【愛媛の攻撃的で魅力的なサッカー、対策する富山に迫る】
ということでみていきたいとおもいます。

入場者数 2858人

フォーメーション 1-4-2-3-1(愛媛) 1-3-1-4-2(富山)

試合結果 愛媛FC 1-2 カターレ富山

得点者
51分 佐々木 匠(愛媛)
65分 大野 耀平(富山)
84分 大野 耀平(富山)

1.攻撃的で魅力的なサッカー

さて、いよいよ2022年シーズンが始まりました。今年の愛媛FCのスタイルを確認してみたいと思います。

吉村スポーツダイレクターコメント
フィロソフィ
攻撃的で魅力的なサッカー】を体現
1試合でシュート10本以上、サイド、中央から得点できる攻撃力を招集できた
J3で優勝するチーム像は「攻撃的なチーム」
石丸監督を招集した理由は、攻撃的なサッカーができ、育成に長けた人材

石丸監督コメント
生まれ変わった愛媛FCを見せれる
チームとしてのスタイル
アグレッシブフットボール「攻撃的で魅力的なサッカー」
ワクワクとした最高のシーズンにしたいと思います。

ということでした。まず確認したいのはフォーメーション。石丸監督が選んだフォーメーションは1-4-2-3-1というフォーメーション。

シュートストップを強みとするGK重里を置き、CBに強さと安定をもたらす栗山と森下、SBにアグレッシブに攻め上がる森脇と小川、ボランチにはバランスをとる横谷とボックスtoボックスのハードワークをこなす矢田。サイドアタッカーとしてスピードの近藤とJFLベストイレブンのフィニッシャー佐藤。トップ下にテクニカルな佐々木と1トップでボールをおさめる松田

というようなメンバー。さらに交代でジョーカーとして登場するリザーブメンバーを控える。

初戦の入り方としては、現在主流の立ち位置を意識するポジショナルプレーや、相手が揃ったらやり直す、ポゼッションサッカーではなく、縦に速く、相手が整う前に同サイド、同じ近いレーンで選手の持ち味をいかしたアタッキングフットボール。攻撃的で魅力的なサッカーとなる。

簡単にいうとフィニッシュまでやりきるというサッカー

観戦する側もそこでシュートを打ってくれたら、攻めてくれたらという願いをプレーで見せてくれる。さらにポジティブに裏切るいいプレーも期待したい。

ちなみに噛み合わせをみてみると

【愛媛ボール保持時】

【富山ボール保持時】

3バックをつかう富山の方がボールを動かすサッカーには向いているが、それに対抗して、相手が整う前に縦に速く、やりきるアタッキングフットボールの愛媛。

これが石丸監督のいう

攻撃的で魅力的なサッカー

を構築中ということになる。

では、今回の得点シーンで今回狙いの相手が整う前に速く攻める場面をみてみたい。

2.相手が整う前に速く攻める

得点シーンは攻守の切り替えから起こった。富山の長いボールにセカンドボールを拾うため前がかりになった富山のところを跳ね返し、セカンドボールを拾いに来る富山を、テンポよくボールを回し、佐々木がドリブルで仕掛ける。

そこに対して、ボックスtoボックスのハードワークする矢田がダイアゴナルランし、ハーフスペースを狙う。

それに相手がつられたところをカットインからチェックメイト。

ポイントは
・CBヘディングを味方へのパスにした
・ワンタッチでセカンドボールを回避
・近藤が相手をひきつけ、佐々木へ配球
・佐々木がファーストタッチでコントロールオリエンタード(方向づけするコントロール)
・矢田のダイアゴナルランでハーフスペース(ニアゾーン)を狙う
・相手がつられたところに佐々木がカットイン
・松田は背後を狙い相手CBをピン留め
・相手が整う前にチェックメイト

動画はこちら

ゴール右上に強烈でとてもいいシュートでしたね。

ここで富山は対策にでますが、どのように対策したのでしょうか。

3.フォーメーションの変更

富山はどのような策をもっていたのでしょうか。

得点が取りたい富山は姫野、高橋、大野を3枚替えで投入し、フォーメーションを1-3-1-4-2から1-3-4-2-1に変更。

2トップから3トップ気味の1トップ2シャドーへ

今度は愛媛の狙いだった、相手が整う前に攻めるということを逆に対策として対応。奪ったボールをシンプルにトップの大野へ配球しゴールを決める。

動画はこちら

さらにこの試合に関して、富山はサイドからの攻撃を再三マークを外し得点チャンスを作っていました。何度も愛媛GKの徳重に阻まれましたが、大野のヘディングが決まり逆転。

動画はこちら

石崎監督の代名詞フィジテクと呼ばれるハードワークするトレーニングから生まれる強度の高いサッカーから後半決定的な場面が生まる。

お互いの情報がない中で、初戦の難しさが感じられる試合だった。

まとめ

今回は
【愛媛の攻撃的で魅力的なサッカー、対策する富山に迫る】
ということでみていきました。

内容は
1.攻撃的で魅力的なサッカー → 選手の特徴をいかす
2.相手が整う前に速く攻める → やりきる、攻めきる
3.フォーメーションの変更 → 相手が整う前にハードワークで勝負

初戦の難しさがあり、相手が前にも後ろにもハードワークし人数を揃えてくるサッカーに対して、人数を揃える前に速く攻めるという対策で挑み、得点を得る。

得点された後に、フォーメーション変更し、相手が消耗したところにジョーカーを持ってくる富山。

愛媛も73分、90分と交代選手を投入し、対抗したが、得点には至らなかった。

お互い、対策の対策を投じる残り15分の戦い方に見応えがあった。次節も楽しみにしたい。

【DAZNハイライト】2022.3.13 明治安田J3 愛媛FC vs カターレ富山

記事を最後までご覧いただきありがとうございます。
ぜひ、Twitter、Facebook、フォロー、リツイート、いいねしていただけたら幸いです。

 

サッカー観戦しよう!
wowowDAZNABEMAプレミアムの比較
●費用
wowow月額2,530円(税込) DAZN月額3,000円(税込)ABEMAプレミアム月額960円(税込)
●見れる試合
wowow【ラ・リーガ(スペイン)、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグ、ユーロ、音楽、映画、ドラマなど】
DAZN【Jリーグ、、ラ・リーガ(スペイン)、セリエA(イタリア、アジア予選、アジアカップ、WEリーグ、女子チャンピオンズリーグ、野球、ボクシング、NFL、バレーボール、格闘技など】
ABEMAプレミアム【2022カタールW杯、Fリーグ】 
●登録できる端末数(同時視聴)
wowow5台(3台) DAZN6台(2台) 家族やスマホ、TV、パソコン、タブレットなど幅広く活用できます。
●1試合の通信量の目安
wowow1.5GB DAZN6GB(画質を落としてのデータセーブ時は0.9GB)
●無料期間
wowow契約初月は無料だが初月は解約できない(2か月で1か月分) DAZN契約初月は無料、初月解約可 ABEMAプレミアム14日間無料

コメント

タイトルとURLをコピーしました