J3 第2節 FC岐阜 vs 愛媛FC 試合前見どころ 【ミラーずらしか、それとも個の特徴か】

戦術

こんにちは。石本です。
いつもご覧いただきありがとうございます。

今日はFC岐阜 vs 愛媛FCの試合前の見どころをみていきたいと思います。

どのように試合をみればわからないという人や、より試合を楽しむために前節の試合を参考に事前に整理してみたいと思います。

1.フォーメーション

まずはフォーメーション 

1-4-4-2(岐阜)1-4-2-3-1(愛媛)

のミラーゲーム。2トップが縦関係か横関係かになりますね。

次に噛み合わせをみてみたいと思います。

ミラーゲームなので、ビルドアップ時はGKを入れてプラス1をつくり数的優位で行う感じになるかとおもます。

前節を観た感じ、岐阜は相手が1トップだったので、可変しなくてもビルドアップできた感じですね。今回も愛媛が1トップで規制をかけるならそのままで、2トップにして規制をかけるならボランチの庄司が落ちて3バックにするのではと思います。

2.ゲーゲンプレッシング合戦

お互いの攻撃を観てみると外回しでボールを動かしながら、相手が出てきたら背後や縦に長いボールを供給し、そのセカンドボールをゲーゲンプレッシングで回収に動くという戦い方。

岐阜は4バックでカバーできないスペースをボランチが一人落ちて5バックにし、1-5-4-1の形を形成しますが、中盤の戻りが遅れていると1-5-3-2のように一瞬間延びする時間もあります。

そこの隙をつくように強度を高めれば狙い目ですね。

3.アーリークロス攻撃

岐阜は中を閉められたら外から攻撃してきますが、比較的早めにクロスをあげて、ンドカ、田中に合わせてきますね。

その後のカオスをいかに制するかとうところもあるのではないかとおもいます。

一方、前節愛媛は相手のクロス攻撃に関してはかみ合わせが良くなかった分、課題が残りましたが、今回はフォーメーションの噛み合わせが合うので、ボールと人との同一視をできれば対応できると思いますが、人ではなくゾーンで守る場合は隙間の対応がポイントとなるのではと思います。

おわりに

前節の三浦監督コメント

「前からボールを奪いたかったが、背後を取られると速くて強い選手がいる。攻撃は中盤でなかなかボールが収まっていなかった」

と強度の高い守備から攻撃。

第2節は選手の特徴をいかしたお互いの攻防が観られ、アグレッシブな展開になるのではと感じます。ミラーゲームになるため、どのように可変しビルドアップしていくのか。それとも個の特徴をいかしたままいくのか。

そうなるとセットプレーがポイントとなるが、そこの対策もみてみたい。

記事を最後までご覧いただきありがとうございます。
ぜひ、Twitter、Facebook、フォロー、リツイート、いいねしていただけたら幸いです。

 

サッカー観戦しよう!
wowowDAZNABEMAプレミアムの比較
●費用
wowow月額2,530円(税込) DAZN月額3,000円(税込)ABEMAプレミアム月額960円(税込)
●見れる試合
wowow【ラ・リーガ(スペイン)、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグ、ユーロ、音楽、映画、ドラマなど】
DAZN【Jリーグ、、ラ・リーガ(スペイン)、セリエA(イタリア、アジア予選、アジアカップ、WEリーグ、女子チャンピオンズリーグ、野球、ボクシング、NFL、バレーボール、格闘技など】
ABEMAプレミアム【2022カタールW杯、Fリーグ】 
●登録できる端末数(同時視聴)
wowow5台(3台) DAZN6台(2台) 家族やスマホ、TV、パソコン、タブレットなど幅広く活用できます。
●1試合の通信量の目安
wowow1.5GB DAZN6GB(画質を落としてのデータセーブ時は0.9GB)
●無料期間
wowow契約初月は無料だが初月は解約できない(2か月で1か月分) DAZN契約初月は無料、初月解約可 ABEMAプレミアム14日間無料

コメント

タイトルとURLをコピーしました