シン・ニホン

今回は
シン・ニホン
から学ぶ
 
197冊目
 
結論 世界の現状を把握し、自分が何を創造するために積み上げるのかを考え行動するか
 

1.スマホの上に世界最大の大陸があることを理解している日本人は少ない

 
質的に変わる富を生む方程式
 
未来=夢×技術×デザイン
習ったことをきっちりやるマシン的な人では新しい価値の生み出しようがないということがわかる
目に見えない価値を想像し生み出せるか
 
自分にはできないといっても世の中が変化している。
変化を災害と例えるなら、いかに備えていかに準備するか
 

2.65歳で伐採されるシニア層

定年という仕組みの不自然さは原則すべてを伐採される
いきがいは自分が世の中に役に立っていると感じるとき
 
20歳~65歳の枠を20歳~80歳に広げるだけでも経験豊かな労働力が増える
 
これからは
・採用の際に年齢や性別を聞くことは禁止する
・原則、労働時間ベースではなく、生み出す価値ベースで給与水準を決める
・週5日ではなく、1,2日、1時間、2時間という多様な仕事の仕方を受け入れる
・本人の意欲があり道理にかなっている限り、十分なトレーニングを行い、プロフェッショナルとして育成する
・価値を生み出せているか、意味のある変化を起こせているか
・事業の進化、個人の成長・希望に伴い、ダイナミックに配置変更
・会社に縛り付けず、会社間もダイナミックに動くことを受け入れる
・影響がない限り、副業も認める
・生産性を下げる要因を徹底的にデータドリブンに検出
 
前提を変えることから始めることが必要
 

3.人口減少が悪ではなく、調整局面としてしばらく見守るべきときが来ている

むしろ持続可能な人口に戻る局面
日本の今の森林がまかなえる人口は2183万人
 
ゆるやかな調整局面の中で、自分にできることは何か。
手っ取り早いのは学ぶこと、学び続けることで、無から有を生み出すための行動アイデアを手に入れる
 

終わりに

シン・ニホンとはシン・ゴジラからとったもの。
この国は、もう一度立ち上がれる。
そのためには何をするべきか。
こなすことはAIが変わって行っていく。
AIに出来ないことは何か。
問題課題から解決策を創造すること。
学ぶ、学び続ける、仮説、検証、改善という原則が大事になる。
若者に投資せよ。
自分も若くあれ。
 
シン・ニホン 安宅和人
 
合わせて読みたい安宅さんの本
 

DAZN

サッカー学ぶならチャンピオンズリーグ視聴のwowowは必須。

お申し込みについて | WOWOWオンライン

記事を最後までご覧いただきありがとうございます。
ぜひ、Twitter、Facebook、フォロー、リツイート、いいねしていただけたら幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました