解説者の流儀 【サッカーを解いて説く】

今回は
解説者の流儀 戸田和幸氏
から学ぶ
 

1.月に90試合以上観る解説者の仕事

1試合の解説をするために両チームの直前の2試合ずつみる。
解説を始めた頃は月に2試合程度だったが、ありがたいことに依頼が増え15試合くらいになった。
サッカーを解いて説く
台本を確認した上で自分の言葉で伝える
海外の試合は深夜の放送もあるため睡眠も不規則になる
 
そんなに観るのかというのが本音。
だけど、解説する試合が増えれば増えるほどそうなるだろう。分析、解説することで、眼を向上させ、指導にも活かせる。
 

2.有料コンテンツと民放は解説や言葉の使い方を変える

有料コンテンツの利用者はお金を払ってサッカーを観る人なので、専門的なところまで解説したり、専門ワードを使用も適度にいれる。
民放での解説には、普段サッカーを観ない人も観るので、出来るだけわかりやすい視点で伝えた方がよい。
 
起点はどこから始まったのか、戦術のゲームモデルはどのようなものか。
チームの状況など、そのチームの監督になったつもりで解説すると次の手が見えてくる
 

3.信頼と信用

先にいただいた依頼を優先して受けてきた
後から受けた依頼が、ステータスや金額面でどれだけ魅力だったとしても先に受けた依頼を断れば信頼関係を構築する上で大きな弊害になるからビックマッチでもありこまま全て伝えてお断りした
 
戸田さんが解説者として信頼され、魅力的な理由を感じられる。
しっかりと準備すること、自分の言葉で伝えること、他の指導に活かしたり、YouTubeで振り返りしたり、多面的に活躍されている。
 
 

終わりに

戸田さんの本を読み、準備を怠らないこと、試合をもっと見なければいけないこと、それを再利用できる仕組みを持つことで、サッカーの進化にしっかりも対応している。
合わせて、自分自身をアップデートし、さらに飛躍をしている。
海外でのプレー経験を活かし、環境に適応することの重要性も感じる。
よりよくなるために、何をすればいいのかを分析し、それに対して、答えの質を上げていく。
 
 

DAZN
記事を最後までご覧いただきありがとうございます。
ぜひ、Twitter、Facebook、フォロー、リツイート、いいねしていただけたら幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました