独学大全 【探し物を探しに行く方法】

今回は
独学大全
から学ぶ
 
750ページある本
これは無理!と思ったが、会話形式もあり、意外にスイスイ読めた。
 
自分を変えたい全ての人に
【探し物を探しに行く方法】
 

1.なぜ学ぶのか?

①志を立てる 学ぶことをやめない理由は何か
②目標を描く
③動機付けを高める まずは1分間、勉強しろ
④時間を確保する 何を捨て、何を選ぶか
⑤継続する 挫折する人は怠けることに失敗してみる
⑥環境をつくる 強い意志よりサボらない仕組み
 
自分の行動はなぜ始まったのかを振り返る
やる気から行動が生まれるのではない、行動からやる気が生まれる。
行動あるのみ just do it
 

2.何を学べばよいか?

①知りたいことを発見する 悩みを全部書き出せ
②資料を探し出す ググる以外の武器を手に入れよう
③知識への扉を使う 事典、書誌、教科書、書籍検索、雑誌記事
④集めた資料を整理する 目次、引用、要素
⑤情報を吟味する 矛盾のあぶり出し、トンデモ主張を暴き出す、根拠を掘り起こす
 
何を学びたいか?
わからないことがわからない状況。
とにかく書き出す。
サッカーがうまくなりたい。勝ちたい。点をとりたい。ゲームを支配したい。ボールを失わずに攻めたい。
チームのオリジナルをつくりたい。
最先端を知りたい。どういうチームが勝っているのか。
なぜ勝っているか。どんな選手がいるのか。
どのようなトレーニングをしているのか。
本か、ネットか、動画か、教科書か、ナンバーワンになれる方法はどうすればいいか。
プロになるにはどうすればいいか。
うまくいかない時はどうすればいいか。
書き出すことで道は開ける
 

3.どのように学べばいいか?

①読む 転読、掬読、門読、限読、黙読、音読、指読、刻読、段落要約、筆写、注釈、
②覚える 記憶よりマネジメント
③わからないを克服 わからないと共に旅する
④自分の独学法を生み出す 独学者として人生を歩む
 
どのように学んで、レベルを上げていくか。
どのように読むのか。どのように分析するのか。答えは全て、世の中に出ている。
そのピースを見つけ出し、自分の地図を作ろう
 

おわりに

上には上がいる。
そう感じた時、自分と同じ壁にぶつかったり悩んだりしたことは他の誰かも同じようにぶつかったり悩んだりしている。
ということは、その解決策は探せば出てくる。
いろいろなところに落ちている。
目の前にあるのに、見えてないだけかもしれない。
一歩踏み出せなかったら、1/100歩踏み出せばいい。
やがて1/50歩、1/10歩、ついに1歩になる。
協力者が、出てくるかもしれない。
独学という冒険は始まっている。
ダイヤモンドでも磨かなければ原石のまま。
 
なぜ、サッカーを始めたのか。
そこにボールがあったから。
 
世界で最も人気のあるスポーツの始まったきっかけなんてそんなシンプルなことかもしれない。
 
 

DAZN
記事を最後までご覧いただきありがとうございます。
ぜひ、Twitter、Facebook、フォロー、リツイート、いいねしていただけたら幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました