富士ゼロックススーパーカップ 川崎フロンターレvsガンバ大阪【アディショナルゴール3つのポイント】

戦術

こんにちは、石本です。

今日は、富士ゼロックススーパーカップ 川崎フロンターレvsガンバ大阪をみていきたいと思います。

フォーメーション 川崎 1-4-3-3 大阪 1-4-3-3

得点 川崎フロンターレ 3-2 ガンバ大阪

 

今回は、川崎の3点目の小林悠選手の
【アディショナルゴール3つのポイント】
ということでみていきたいと思います。

1.田中碧の駆け引きパスの質

非常に素晴らしい田中碧のパスでしたね。
そのポイントは

・CBとのビルドアップ
・右サイドで旗手怜央サイドにアクション
・ボランチが引っ張られボランチ間が空く
・旗手に蹴る振りして遠野へパス

2.遠野大弥のトリガーターン

旗手がサイドに引っ張り、田中がそこに蹴る振りしたため、ボランチ間が一瞬空きましたね。その遠野がボランチ間で受けます。そしてすばらしいターン。そのポイントは

・1回で前を向く
・それがトリガー(引き金)となり小林悠がアクション
・オフサイドにならないタイミング、「トントンパッ」でパス
・GKが前に出れないパスの強さ
・それにより東口が前に出て、下がる

3.小林悠のアクション&ずらしシュート

遠野のパスからダイレクトでフィニッシュを決める小林悠。素晴らしいゴールでしたね。ポイントは

・遠野が前を向いたと同時にアクション
・GK東口がブレイクアウェイ(背後のスペースケア)の為に前に出たがすぐに下がったことをみる
・GK東口をニアに寄せるために少しボールを流し、ニアに誘う
・ファーが空いたところでファーに蹴り込む
・ゴール!

まとめ

今回は、川崎の3点目の小林悠選手の
【アディショナルゴール3つのポイント】
ということでみていきたいと思います。

1.田中碧の駆け引きパス → 旗手を狙いながら遠野へ
2.遠野大弥のトリガーターン → オフサイドぎりぎりのトントンパッ
3.小林悠のアクション&ずらしシュート → 東口のポジションをずらしシュートコース創出

簡単に真ん中をパスが通っていったように見えましたが、その中でシュートに至るまで、数多くの駆け引きが繰り広げられていましたね。

止める、蹴る、運ぶの質が1試合通して違いを出した川崎、ゴール前の強さを出した大阪。非常に楽しみなシーズンの始まりとなりました。

注目していきたいと思います。

【公式】ハイライト:川崎フロンターレvsガンバ大阪 FUJI XEROX SUPER CUP 2021

DAZN
記事を最後までご覧いただきありがとうございます。
ぜひ、Twitter、Facebook、フォロー、リツイート、いいねしていただけたら幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました