J3 第6節 いわきFC vs FC今治 【目には目を、強度には強度を!】

戦術

こんにちは。石本です。
いつもご覧いただきありがとうございます。

今日はいわきFC vs FC今治の試合をみていきたいと思います。

今回は
【目には目を、強度には強度を!】
ということでみていきたいと思います。

入場者数 2212人

フォーメーション 1-4-4-2(いわき)1-4-1-2-3(今治)

試合結果 いわきFC 0-1 FC今治

得点者
46分 近藤 高虎

1.噛み合わせ

まずは噛み合わせについてみていきたいと思います。

今治は1-4-1-2-3、いわきは4-4-2ということで、今治のダイヤモンドに対してセンターバックとボランチをボックスで守る。

縦に速く、前線の選手が競り合い、セカンドボールを拾ういわきに対して、今回の今治も縦に速く、プレス強度やセカンドボールを拾う強度がいつも以上に強度が高いものであった。

さらに攻撃についてみてみたい。

2.パスと動きの優先順位

いわきの攻撃についてはワンタッチ攻撃が多く、ボールをDFでつなが、FWのアクションをみてロングボールの配球。セカンドボールの拾い合いに強度を上げる。

今治のプレスに対しても後ろに下げて、前へロングボールを配球し、競り合いからのセカンドボール合戦。

一方今治も縦に速く、球際強度の高い戦いとなった。

その中でも今治はパスと動きの優先順位という岡田メソッドを整理したい。

パスの優先順位
①相手DFの背後へのパス(何人の相手を後方に置き去りにできるか)
②縦方向へのパス(前の選手の足元へのパス)
③横方向へのパス(斜めだったり、横だったり)
④後ろ方向へのパス(前にも横にも出せない場合)
パスを受ける動きの優先順位
①ボールより前方で相手の背後でボールを受ける動き(ゴールに直結するような動き)
②ボールより前方で前向きで受ける動き
③ボールより前方で相手ゴールを背にして足元で受ける動き
④ボールと同じ高さまたは後方で受ける

このようなことを意識し、何度も背後、前を狙い、無理なら横、後ろと変えながら前進していきます。

近藤が前方で前向きを受け、そこにパスを出した島村が背後でボールを受ける動き

動画はこちら

もう一つ動画

島村から斜めの横パスから近藤が前方で前向きに受ける

動画はこちら

強度が高い中でも、パスと動きの優先順位を随所に見せながら、背後、前向き、横、後ろと瞬時に判断、決断していった。

その違いはいわき4、今治16と4倍ものシュート数にも表れている。

3.強度と強度の戦いで勝敗を分けたもの

その強度と強度の戦いで勝敗をわけたものはなんだったのか。

フィジカルのスタンダードを変えると言い放ついわきに対し、フィジカル強度で真っ向勝負を挑む今治。しかし、違いはそこではなかった。

球際に魂を込めるのはお互いともだったが、プレー前、プレー中、プレー後のメソッドの反応によるプレーからか、背後、前向き、横、後ろを選択していったのではないか。

フィジカル強度とフィジカル強度がぶつかりそこで差がでなければ、その違いを出すのはプレーの精度や、プレースピードになる。

そこから一瞬速く反応したことにより得点がうまれた

動画はこちら

まとめ

今回は
【目には目を、強度には強度を!】
ということでみていきました。

内容は
1.噛み合わせ ⇒ ダイヤとボックス
2.パスと動きの優先順位 ⇒ 背後、前向き、横、後ろ
3.強度と強度の戦いで勝敗を分けたもの ⇒ プレースピードによる強度

【FC今治・橋川監督】選手の気持ちが入ったゲームだった。一瞬の隙もつくらず、球際で勝って攻守の切り替えもしっかりとできた。相手よりも速くポジションを取り、味方を見つけてボールを持てた。

相手よりも速くというところがプレー強度のところだということです。

目には目を強度には強度をぶつけて、さらに違いを出したプランニングが素晴らしかったですね。

この勢いを次節に向けて、続けていきたいし、さらに勢いを増していきたいですね。

次節 4月29日(祝金)13時キックオフ vsテゲバジャーロ宮崎 夢スタ

【公式】ハイライト:いわきFCvsFC今治 明治安田生命J3リーグ 第6節 2022/4/17

記事を最後までご覧いただきありがとうございます。
ぜひ、Twitter、Facebook、フォロー、リツイート、いいねしていただけたら幸いです。

 

サッカー観戦しよう!
wowowDAZNの比較
●費用
wowow月額2,530円(税込) DAZN月額3,000円(税込)※DAZNfordocomo1,925円(税込)
●見れる試合
wowow【ラ・リーガ(スペイン)、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグ、ユーロ、音楽、映画、ドラマなど】
DAZN【Jリーグ、プレミアリーグ(イングランド)、ラ・リーガ(スペイン)、セリエA(イタリア、アジア予選、アジアカップ、WEリーグ、女子チャンピオンズリーグ、野球、ボクシング、NFL、バレーボール、格闘技など】
●登録できる端末数(同時視聴)
wowow5台(3台) DAZN6台(2台) 家族やスマホ、TV、パソコン、タブレットなど幅広く活用できます。
●1試合の通信量の目安
wowow1.5GB DAZN6GB(画質を落としてのデータセーブ時は0.9GB)
●無料期間
wowow契約初月は無料だが初月は解約できない(2か月で1か月分) DAZN契約初月は無料、初月解約可

サポートお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました